レーザーで除去可能|整形治療を受けて刺青なしのスッキリ肌

鼻中隔延長術

顔の印象を変えるには鼻の整形術を受けるのも一つの方法です

顔立ちの印象を決める上で重要な部分が鼻です。鼻を少し高くするだけで、小顔効果が得られたり眼の印象をぐっとアップすることが出来ます。昨今では、こういった鼻の様々な整形術が可能となっており、自分に合った方法で鼻の印象を変えることが出来るのです。鼻の印象を決めるのは、実の所高さだけではありません。鼻筋の長さや眉間部分と鼻のバランスなどが大きく関わってきます。従って、整形術ではより自分の悩みに沿った方法を選択することが大切に成る訳です。丸い鼻をすっきりとした鼻に整えたい場合には、鼻中隔延長術を試すのも一つの方法となります。鼻中隔延長術は、鼻の先に他の軟骨を移植することでより長さのある鼻筋を実現出来る施術です。

他の軟骨を移植する方法が試みられています

鼻中隔延長術は、現在様々な美容外科で行なわれている施術です。主に耳の軟骨や肋軟骨などを使用することが多く、外観に影響を与えずに手術を受けることが出来るという特徴があります。耳の軟骨は、耳の裏から切開を行い耳介軟骨と呼ばれる組織を取り出します。肋軟骨を使用する場合には、乳房の下から軟骨を取り出して使用する訳です。いずれの場合も、手術後の傷跡が分かりにくく時間の経過と共により目立たなくなります。又、鼻中隔延長術ではまれに鼻部分から別の軟骨を移植する方法も行なわれます。このような方法の場合には、他の部位に切開を行なう必要がないため、さらに術後の影響は少なくなります。現在ではこういった方法で目立たない整形術が可能なのです。